つなぐ家が2棟

公開日:

もっと建主さんに家づくりのイメージをわかりやすくお伝えすべく白模型づくりに奮闘中の堀内くん

残すところ屋根のみ!の状況です。

図面が立体化されていくと、造り手側のこちらもまた気づく部分が出てくるのでその部分をまたプランに反映していけるのもメリットです☆

今回の模型は、来春から着工予定の「神照町の家M」

えっ!?着工の半年以上も前から間取り考えるのっ?

と思われるかもしれませんが、近年の家づくりが計画から完成までのスケジュールが短いものが多くなってきているのが事実でもあります。

例えば、

①間取り検討 1ヵ月

②資金の調整 1ヵ月

③建築確認申請手続き 1ヵ月

③着工~完成 3ヵ月

全体で6ヵ月(もっと早い場合もあるでしょう)

家づくり、余裕の持てる場合は出来るだけ早く考え始めじっくりプランを練るほうが良いでしょう…

住み始めてからアレが足りないコレこうしておけばよかったな~と…

国友トータルサービスの場合では最低でも

①資金計画 1ヵ月

②間取りの検討 2~3ヵ月

③建築確認申請手続き 1~1.5ヵ月

③着工~完成 5~6ヵ月(自然素材を多用した建物ですので)

全体で最低でもほぼ1年はかかりますのでお早目のご用命いただけますとありがたいです。

「神照町の家M」

しっかり建主さまのご要望をヒアリングしながらプランどんどん煮詰めていっております☆

北面道路や近隣からのプライバシー確保や家族の動線、そのほか多種多様なご要望を盛り込んで最終形態の間取りに近づいてきています☆

今回、模型の修理依頼で「鳥羽上町の家」の模型がDOCK入りしていたのでコラボレーション撮影してみました☆

自然素材を使用したやさしい外観でお隣さん同士で建ち並ぶ光景。

写真を撮りながらどんどんテンションUPです!

こんな感じで街並みを形成していけるといいな~

 

 

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP