未確認物体発見!

公開日:

先週の終わりごろ、大浜モデルのデッキから、西面の軒先をふと見ると、妙な形の物体が目に入った。最初はあんなところに排水口があったかな?と思い、その漏斗状というか、徳利を逆さまにしたような物をよくみると、縞々模様などがあり、何かの巣のようにも見える。

帰ってからネットで調べてみる。「一目でわかる蜂の巣を写真でジャッジ」によると、逆さにしたフラスコのような形の巣は、初期のコガタスズメバチの巣だと判明。スズメバチの巣ということでどうしようか悩む。さらにいろいろ検索してみると(本当に便利になったものだ)初期の巣には、女王蜂一匹しかいないし、6月までの10センチ以内の小さいものなら自分で駆除できるとのこと。そこで、ドラッグストアでハチをやっつけるスプレーを買って、先週の日曜日に噴射しておく。スズメバチ用もあるようだが、その店には置いてなかったのでいつも使っている「マグナムジェット」にする。

そして昨日、脚立に乗って、もう一度噴射してから、雨合羽の上下を着て、ゴム長靴を履き、ゴム手袋をして、(めちゃくちゃ暑いけど重装備で)伸びる剪定ばさみで巣を落とした。幸いハチはいなくて、幼虫が巣の中で何匹か見えたが、これで大丈夫だと思う。隣家の犬にほえられながら、家内に梯子を支えてもらい、一件落着。しかし、もう少し巣が大きかったり、働きバチが何匹も孵化していたら駆除業者に依頼しなければ危険だと思う。今まで、アシナガバチの巣は何回かスプレーでやっつけたので、今回もやってみたが、注意するに越したことはないと改めて感じた。

アシナガバチの巣といえば、シャワーヘッドか蓮(ハス)の実のような形をしている。連想ゲーム的に、そろそろ蓮の花が咲く季節ということで、近年群生している早崎のビオトープへ自転車で行く。広い池の中は、葉っぱで一杯にはなっていたが、花はまだ数えるほどで、来週以降でないと見ごろにはならないようなので、乞うご期待。

社長

 

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP