秋の完成見学会・・part2

公開日:

今月初めの「顔戸の家」に引き続き、この3連休中、彦根「後三条町の家」の完成見学会を開催しました。各時間帯一組様限定でしたが、各枠全て予約いただき、ご来場いただきました。

パースと間取り図は見ていましたが、完成したお宅は私の想像以上に新しい発見の連続でした。詳細は説明しませんが、見る人それぞれが想像力を掻き立てられる建物と言えるでしょう。これから施主様ご家族がこの家と共に幸せな歴史を創っていかれることを思い描くことができるようです。

メイン玄関のエントランスは、きれいな色で塗装された木材で目隠しされています。チャコールグレイの壁は左官仕上げで、こて模様が浮き出ていてコントラストが美しい。

まだ工事中ですが外構には、ぐり石が敷き詰められています

メイン玄関からリビングまで20mの直線フローリング床

我ながらで申し訳ありませんが、弊社の設計士・デザイナーも施主様共々よく考えたなぁと社長であることも忘れて感心した次第です。

前回ブログからの紅葉続きで、大浜モデルの近くの南浜八幡神社。2月には梅の花で紹介しましたが、このイチョウの木が有名です。

樹齢はわかりませんが、太い幹をみると長い歴史を経てきたことは歴然です。

まだ、落ち葉を集めておられなかったので、黄色いじゅうたんを敷き詰めたような鮮やかさでした。

大浜モデルのナンテンがきれいな実をつけています。

コロナ禍の中、「難を転ずる」=「ナンテン」・・・あやかりたいものです。

社長

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP