ワクチン接種💉

公開日:

本人の自覚とは別に、世間的には私は高齢者ということで、新型コロナウイルスワクチンの接種を終わりました。1回目は6月下旬、2回目は約3週間後の7月中旬をインターネットで市の集団接種の予約を取ることができました。

1回目のながはまウェルセンター

予約は15分ごとに区切られていて、時間通り会場へ行くと検温、受付、問診、接種、待機と非常にスムースな流れの中で多くの人たちが接種を受けておられます。15分から30分間異常がないか待っている間も接種後の注意事項がビデオで流されたりして、時間の無駄がありません。

体調をみて待っている場所

2回目の会場は普段いつも、会合や宴会で使っている「北ビワコホテルグラツィエ」さんです。このコロナ禍で結婚式や各種宴会が中止になり、大変苦労されていると推察しますが、接種会場として、場所を提供されています。

長浜でも既に高齢者の50%以上が2回接種を終えられているそうですが、ワクチン供給量の関係で若い人たちにはもうしばらく時間が必要となりそうです。弊社グループ社員もお取引先様の会社の職域接種の仲間に入れていただき、8月から9月にかけて受けられそうです。

ワクチン接種の進捗には副反応の不安が大きな要因です。私の場合一回目は、翌日に左腕が筋肉痛のように痛くなり上げにくくなりましたが、翌日には回復しました。2回目は翌日注射部位が痛かゆくなり、倦怠感があり微熱が出ましたが、解熱剤を一錠のんだらすぐに楽になりました。

今から50年以上前、小学生の時初めてインフルエンザワクチンを学校で集団接種したとき、その晩に吐き気と高熱で寝込みました。そのトラウマが強烈だったため、それから一度もインフルエンザワクチンを打っていません。みんなコロナワクチンは初めての経験であり、人の体質はそれぞれなので不安があり、強制すべきものではないのは理解できます。

ワクチンというのは、感染症の予防のため、体内に免疫をつくるために接種するわけですが、近年は、ゼロ歳児の赤ちゃんの頃から4種、3種混合やBCG,麻しん(はしか)風しん、もう少し経つと水ぼうそう、おたふくかぜ、日本脳炎と次々に集団接種があるようです。

今回、新型コロナワクチンを打ってみて、何となく自分の体がバリアみたいなもので守られたような気がしました。

小さい頃から順番にワクチン接種をして、自分の体をいろんな病気感染から防いでいるのは、テレビゲームのドラゴンクエストで敵から自分を守りながらゴールを目指すために、武器や防具(盾、鎧)のアイテムを揃えていくのと似ているなと思いました。(とは言うものの、ドラクエをやったのは今から30年前のドラクエⅢが最後ですが・・・)

一日も早く世界中でワクチン接種が進み、コロナ流行が終息することを願います。

社長

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP