施工事例

バリアフリーリフォーム〈トイレ編〉

手摺の取り付け
トイレ内での動作を補助する手摺 
立ち座りや姿勢保持に役立つ手摺。用途やスペースに応じて様々なタイプで対応します。
  • 便器と壁の位置が少し離れている為、出幅の大きい手摺を取付る事で立ち座りがしやすくなります。
  • 移動用横手摺と立ち座り用L型手摺との組み合わせ。
  • 下地のある位置に取り付けるのが難しい場合は補強材を取り付けてから設置します。
  • 壁面に取り付け出来ない場合は、スタンド式にする方法もあります。
跳ね上げ手摺
  • 便座への立ち座りや座っているの時の姿勢を安定させる事ができます。
  • 跳ね上げ式のため、介助時のスペースを確保できます。
前方アームレスト
  • 姿勢保持が難しい方向けの手摺です。
  • 身体をしっかりと支えてくれる為とても安心です。
福祉用具のレンタル
段差の解消
安心してトイレに行く為の段差解消
入口での段差をなくす事で、つまづいたり転倒する心配がありません。
  • BEFORE
  • AFTER
  • BEFORE
  • AFTER
建具の変更
上吊り引き戸へ変更する事で出入りをスムーズに
  • BEFORE
  • AFTER
  • BEFORE
  • AFTER
スペースの問題で片開きドアから折れ戸に変更
  • BEFORE
  • AFTER
限られたスペースの中でアコーディオンカーテンに変更
  • BEFORE
  • AFTER
2枚引き込み戸で、車椅子でのアプローチも可能に
洋式便器への変更
足腰への負担を軽減
和式から洋式に便器を変える事で負担を軽減すると同時に、出入り口床の段差も無くしました。
  • BEFORE
  • AFTER
  • BEFORE
  • AFTER
開口及びスペースの拡張
小便器をなくす事で介助しやすいトイレに
小便器や内部の間仕切りドアを撤去する事で、介護がしやすくなりました。
  • BEFORE
  • AFTER
トイレの新設
寝室の側にトイレがあると安心
寝室の押し入れや縁側の一部を利用し、トイレを新設すれば夜中でも安心です。
  • BEFORE
  • AFTER
福祉用具の購入
簡単施工の福祉用具を上手く活用
市販の福祉用具を用いて、簡単に環境を改善できます。
  • BEFORE
  • AFTER
  • BEFORE
  • AFTER