大切なお金のはなし私たちの家づくり

工事のすすめ方

私たちが工事させていただくお住まいは、自分の家だと思って大切に施工しています。工事が完了して、お引渡しをさせて頂いたら終わりではなく、より永く維持していただくために、より快適に住んでいただくために、維持管理をサポートしそして何よりも、愛着を持って住んでいただくために、施工には手間を惜しまず妥協しません。また、近隣への配慮を大切にしています。近隣へのご挨拶を行い、工事説明、コミュニケーションを大切にし工事をスタートさせて頂いています。一人ひとりのお客様とスタッフ、そして地域が近い関係にあることを大切にして一軒一軒大事に仕上げさせて頂いております。
STEP

1

家づくりスタート

解体&お祓い
現在お住まいを工事する場合、解体前にお祓いをされる事が多くあります。今まで家族を守ってくれてきた家やご先祖様に感謝の気持ちを込めた大切な儀式です。
仮住まいへのお引越し
お建て替えや大規模なリノベーションの場合、まずは今のお住まいのお荷物を整理して頂くことが必要です。早い段階で工事のスケジュールを把握し、少しずつ進めていきたいですね。大型家具など、家族だけでは移動が大変な場合は専門業者のご紹介や私達スタッフもお手伝いさせて頂きますので、是非ご相談ください!
地鎮祭・着工式
STEP

2

地盤調査・地盤補強工事

工事の着工までに、地耐力を測る為に地盤調査を行います。調査の結果に基づき必要に応じて地盤 補強工事を実施します。当社では地価を下げない砕石改良工法「エコジオ工法」を採用しております。
STEP

3

基礎工事

配筋検査
コンクリートで鉄筋が隠れてしまう前に、社内検査を行った上で必ず第三者機関の検査員による検査をおこないます。
断熱処理
基礎のコンクリートと断熱材が一体となるように施工します。基礎工事職人の確かな腕が必要な大切な部分です。人も家も基礎が大切です!
気密処理
基礎のコンクリートと断熱材が一体となるように施工します。基礎工事職人の確かな腕が必要な大切な部分です。人も家も基礎が大切です!
STEP

4

棟上げ・上棟式

棟上げ
棟上げが近づくと、天候が気になって一日に何度も予報を確認します。この日はお施工主様は
もちろん、私たちにとっても忘れられない一日となります。
STEP

5

屋根・外装・サッシ工事

屋根下地防水処理
建て方に続いて屋根工事が始まります。不十分な防水下地は雨漏りの原因となります。この工程においてもしっかり自分たちの目で確認して施工します。
中間検査
この時点で内部、外部共に構造材や金物が適切に施工されているかを確認するため、第三者機関の検査を受けます。
外壁及びサッシ取付前の防水、断熱、気密処理
この処理が建物の性能の良し悪しに大きく影響を与えます。ここでの施工も講習を受けてきた技術を活かし、管理者自らが高性能な仕上りを目指し施工します!。
STEP

6

断熱工事・気密検査

断熱工事
サッシが取付けられ、建物が覆われた時点で断熱材を施工します。施工材料によって価格は違いますが施工性が良く、断熱性がより優れたものを使用することをお勧めしています。
気密検査(C値測定)
当社ではこの検査を全棟実施しています。内装工事に入る前の段階で、気密性能(C値)を測定する事により、気密性と断熱性がしっかりととれているか確認を行います。
STEP

7

内装・住宅設備工事

電気・換気設備工事
大工さんの下地工事と並行して施工していきます。照明器具、スイッチ、コンセントの位置を再確認するため現場にてお客様と打ち合わせを行います。
内部造作
下地が仕上がってくると、間取りがはっきり分かってきます。現場の整理整頓や清掃も現場管理の基本。毎日欠かさず行っております。
内外装仕上げ
内装下地が仕上がってくると、キッチンの取付けや天井、床の仕上げ工事に入っていきます。
当社では無垢材での仕上げはもちろん、漆喰や珪藻土といった自然素材による仕上げをお勧めしています。
STEP

8

仕上げ・完成

外構工事
玄関へのアプローチや、植栽等を植えれば建物は一層引き立ちます。パッシブデザインによる設計は、庭をより楽しむ工夫が成されています。
社内検査&完了検査
まず当社の社員の厳しい目で細かな傷等がないかを細部までチェック致します。次に第三者機関の
検査において、建物の設計図面と照らし設備等に不備な点がないか検査を行います。
STEP

9

お引き渡し・アフターケア

竣工式・お引き渡し
竣工式にてご家族の新しい門出を、お祝いさせて頂きます!
定期点検
お引き渡し後もお客様とメンテナンスを通じて、末永いおつきあいをさせて頂きます。
定期検査として、6ヶ月・1年・5年・10年を予定しております。