バリアフリーリフォーム トイレ・建具変更

手摺の取り付け

立ち上がりと座っている時、両方に役立つL型手摺は一般的。タイルにも取り付け可能です。

イメージ

便器と壁の位置が少し離れている為、出幅の大きい(出幅120㎜)手摺を取付る事で、立ち座りがしやすくなります。

イメージ

移動用横手摺と立ち座り用L型手摺との組み合わせ。

イメージ

手摺を取り付けたい場所に下地がなくても、補強板を付ければ取り付けられます。

イメージ

手摺を取り付ける壁がなくても、自立型で手摺を取り付ける事もできます。

イメージ

跳ね上げ手摺:
便座への立ち座りや立っているの時の姿勢を安定させる事ができます。
跳ね上げ式のため、介助時のスペースを確保できます。

イメージ
イメージ

前方アームレスト:

ボードが体の正面にくるので、つかまりやすく、しっかり体をささえてくれます。

イメージ
イメージ

福祉用具のレンタル

借家などで、固定が出来ない場合はレンタルの手摺もあります。
便器を挟み込んで固定する方法。
イメージ

段差の解消・床材の変更

トイレの入口のまたぎ込みになっている敷居を撤去し、更に床を嵩上げして段差を解消する事で、つまずく心配もなくなり安心してトイレに行く事ができます。

Before

イメージ
イメージ
イメージ

After

イメージ
イメージ

建具の変更

開き戸から、上吊り引き戸へ変更する事により、出入りがスムーズにできます。

Before

イメージ
イメージ

After

イメージ
イメージ

引戸の引きシロスペースが無いため、折れ戸に変更。

Before

イメージ

After

イメージ
イメージ

限られたスペースの中で、アコーディオンドアに変更。

Before
イメージ
After
イメージ

その他、2枚引き込み戸で、車椅子での斜めからのアプローチも可能に。

Before
イメージ
After
イメージ

洋式便器等への変更・段差解消

昔ながらの和式便器から洋式便器への変更工事。

壁も全面直す事なく、既設タイル面はパネルを貼り床材はCFシートで仕上げる事で掃除もしやすく、なにより、段差がなくなり手摺も取付る事で安心してトイレに行けるようになりました。

Before

イメージ
イメージ

After

イメージ
イメージ

小便器撤去・開口拡張・段差解消

間仕切りの壁、小便器をなくす事でトイレを広く使え、介助もしやすく安心してトイレに行けます。

Before

イメージ
イメージ

After

イメージ
イメージ

トイレ新設

寝室の隣の縁側にトイレを新設。押し入れに新設したり、パターンは色々です。

Before
イメージ

施工中

イメージ
イメージ

After

イメージ
イメージ
イメージ

大規模な改修や下水配管工事を行わない場合は、福祉用具の購入で、和風アタッチメントの設置(上)や、サニタリーエースの設置(下)で対応することもあります。

Before

イメージ
イメージ

After

イメージ
イメージ

立ち座りを楽にする為に、現在の洋式便器に、補高便座を取り付け。

※便器によっては取り付けが出来ないものもあります。

※補高便座はウォシュレット機能付のものでも対象になります。

※補高便座は3cm・5cmがあります。

Before
イメージ
After
イメージ