リノベーション

山小屋のように正法寺町の家

イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

■コンセプト
既存の和室を山小屋のイメージへとリノベーション
水回りも配置して18坪の空間で
火のある暮らし、老後の生活が始まります。

■外観
南にあったサンルームを取り壊し冬の陽差しを室内へ取り込みます。
外装はモルタル塗りの上リシンの吹付塗装。

■内観
山小屋風へのご要望に隠れていた小屋組材(丸太材)を現し仕上げとし、古色塗りで仕上げています。
現存の蔵に使用されていた舟板の外壁材を内装の腰板へと移植しより空間に味わいが生まれました。
壁は土色の珪藻土、床は杉の圧密フローリング、お手持ちのアンテークな家具がより空間を引き立たせています。

施工面積
18坪

Before

イメージ
イメージ