バリアフリーリフォーム 浴室

手摺の取り付け

滑りやすい浴室の出入りには、どちら側からもつかまり易いオフセット型がお勧め。

イメージ

シャワーハンガー付き。

イメージ

自立型の手摺も取り付けることができます。

イメージ

立った状態で入るのか、浴槽の縁に腰掛けて入るのかなどにより、使い勝手のよい手摺の形状と取付位置は異なります。日々の動作を確認してみましょう。

イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ

ユニットバスに取り付けるための専用取付金物が付いた手摺。
※壁面の強度や、裏面の状態によっては取り付けられない場合もあります。

イメージ
イメージ
イメージ

福祉用具の購入

浴室内での動作によっては、固定する住宅改修の手摺などよりも、バスグリップやバスボード・シャワーチェアーなどの福祉用具を上手に取り入れた方がより安全な場合もあります。

イメージ
イメージ
イメージ

浴室洗い場のタイル床は滑り易いうえに、出入り口の段差もかなりある場合が多い。

福祉用具の購入で浴室洗い場にすのこを置く。水に強いイレクターフレームにポリスチレンのボード材。サイズはオーダー作成が可能です。

Before

イメージ
イメージ

After

イメージ
イメージ

浴槽内に沈めるすのこもあります。

イメージ

浴槽台を利用すればお手入れも楽。

イメージ
イメージ

建具の変更

片開きドアから折れ戸に変更。

Before

イメージ
イメージ

After

イメージ
イメージ

床材の変更

滑りやすいタイルの洗い場をシート仕上げで路面改修。嵩上げもして段差も解消。

Before

イメージ
イメージ
施工中
イメージ

After

イメージ
イメージ

浴槽の変更

現状の浴槽のまたぎが高く、入りづらい為、浴槽を入替え、手摺も取り付けて、浴槽への出入りをしやすくしました。

Before
イメージ
After
イメージ