バリアフリーリフォーム 家の外

手摺の取り付け

耐候性抜群の屋外向手摺。

イメージ
イメージ
イメージ

跳ね上げタイプ 一部跳ね上げて通ることができます。

イメージ
イメージ

とりはずしできるタイプ 一部外して通ることができます。

イメージ
イメージ

既設の手摺に風合いを合わせて取付もできます。

イメージ
イメージ

家の風合いに合わせて取付もできます。

イメージ
イメージ

階段を作り手摺をつけて安全に昇降できるようになりました。
車椅子でも行ける様、穏やかなスロープも。

Before
イメージ
After
イメージ

足りない踏面を足して手すりを取付て安全に昇降、移動できるようになりました。

Before
イメージ
After
イメージ

段差の解消・路面の改修

もともと車を乗入れるスペースがなく、玄関までの距離、段差もあり、庭を改修。

改修する事で駐車スペースを確保し、玄関入口の段差をなくし、蹴上の低い階段で歩行でも行きやすく、将来の車椅子にも対応できるように穏やかなスロープも。

Before

イメージ
イメージ
イメージ

施工中

イメージ
イメージ
イメージ

After

イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ

路面の改修

玄関への動線をコンクリート舗装し、歩行・車椅子でも通りやすく改修。

Before

イメージ
イメージ
イメージ

After

イメージ
イメージ
イメージ

玄関ポーチの段差、道路面の段差をなくし、コンクリート舗装する事で、車椅子でもスムーズに行けるように改修。

Before

イメージ
イメージ
イメージ

After

イメージ
イメージ
イメージ

建具の変更

両開きの門扉をアコーディオンに変えることで、動き易くスムーズに。

Before
イメージ
After
イメージ

段差の解消 + 福祉用具のレンタル

高低差のある玄関から車椅子を利用して出入りするために、花壇を解体して段差解消機(レンタル)を設置。

Before
イメージ

After

イメージ
イメージ

バリアフリーリフォーム 玄関廻り

手摺の取り付け・段差の解消

既製品の上り框専用の手摺を固定し、段差の解消。

イメージ
イメージ
イメージ

既製品では対応できなくても状況にあわせて、組み合わせて手すりを取り付けできます。

イメージ
イメージ

段差に合わせて手摺の位置を決めます。

イメージ
イメージ

手摺を付けたいところに下地が無ければ補強材を入れます。

イメージ
イメージ

玄関から廊下へ連続した手摺。

イメージ
イメージ

折りたたみ式ベンチ
必要な時に降ろして靴の脱ぎ履きや玄関の段差の昇降を助けます。

イメージ
イメージ

不安定な下地をしっかり安定させます。

Before
イメージ
施工中
イメージ

イレクター製の手すり付ステップ台。居室へ直接出入りできるようになりました。

After
イメージ

複雑な手すり付ステップ台も加工できます。

イメージ
イメージ
イメージ

段差の解消

踏み外しやすい細い通路を一部拡張して土間を嵩上げ手摺をつけ安全に移動できるようになりました。

Before

イメージ
イメージ

After

イメージ
イメージ

玄関土間を嵩上げすることにより通路ができ移動の際の段差が軽減されました。手摺や踏み台をつけさらに安全に昇降できます。

Before

イメージ
イメージ
施工中
イメージ

After

イメージ
イメージ

現状にあわせて、いろんな形の踏み台を加工できます。

Before
イメージ
After
イメージ
イメージ
イメージ

段差の解消+福祉用具のレンタル

プラットホームをデッキ材で作成。利用時にレンタルのスロープを掛ければ、普段は邪魔になりません。

Before

イメージ

After

イメージ
イメージ

車椅子で外から居室へ直接出入りできるようになりました。

Before

イメージ
イメージ
イメージ

After

イメージ
イメージ
イメージ

掃出し口にデッキスロープを作成。車椅子での出入りがしやすくなりました。建具の段差も解消。

Before

イメージ

After

イメージ
イメージ

玄関アプローチにデッキスロープ作成。段差をなくし歩行、車椅子でも安全に。

Before

イメージ
イメージ

After

イメージ
イメージ

滑りの防止 テープ貼り

滑り止めテープを貼ることで転倒、転落防止に大きく役立ちます。

Before
イメージ
After
イメージ

バリアフリーリフォーム 廊下

手摺の取り付け

手摺があるだけで、より安全に安心して移動ができます。

イメージ
イメージ

跳ね上げタイプ

イメージ
イメージ

お家によって壁の仕様は様々です。どのように取り付けられるか方法は色々あります。

イメージ
イメージ
イメージ

敷居の撤去

よくある敷居の段差。少しの段差で転倒することも。

敷居を撤去し、フラットレールを取り付けることで安全に移動、転倒防止に。

Before

イメージ
イメージ

After

イメージ
イメージ

バリアフリーリフォーム 階段

手摺の取り付け

廻り階段 手すりを取り付ける事で安心して昇降できます。

イメージ

階段の手摺は下地のある位置に直接取り付けるのが難しいケースがあり、そのような時は補強材を取り付けます。

イメージ

壁面に取り付け出来ない場合は、スタンド式にする方法もあります。

イメージ

急勾配な階段で上がる時用と降りる時用の手すりを取り付け。

Before
イメージ
After
イメージ

床材の変更

滑り止めを取り付けることで、転落防止に大きく役立ちます。
イメージ

階段昇降機

2階へ上がらないといけない正当な理由がある場合、階段昇降機の設置が可能です。

Before

イメージ

レールを設置して移動するため、階段の寸法や形状により設置条件があります。

After

イメージ
イメージ

安全かつ便利に利用できるように、様々な機能がついています。

イメージ
イメージ

バリアフリーリフォーム トイレ・建具変更

手摺の取り付け

立ち上がりと座っている時、両方に役立つL型手摺は一般的。タイルにも取り付け可能です。

イメージ

便器と壁の位置が少し離れている為、出幅の大きい(出幅120㎜)手摺を取付る事で、立ち座りがしやすくなります。

イメージ

移動用横手摺と立ち座り用L型手摺との組み合わせ。

イメージ

手摺を取り付けたい場所に下地がなくても、補強板を付ければ取り付けられます。

イメージ

手摺を取り付ける壁がなくても、自立型で手摺を取り付ける事もできます。

イメージ

跳ね上げ手摺:
便座への立ち座りや立っているの時の姿勢を安定させる事ができます。
跳ね上げ式のため、介助時のスペースを確保できます。

イメージ
イメージ

前方アームレスト:

ボードが体の正面にくるので、つかまりやすく、しっかり体をささえてくれます。

イメージ
イメージ

福祉用具のレンタル

借家などで、固定が出来ない場合はレンタルの手摺もあります。
便器を挟み込んで固定する方法。
イメージ

段差の解消・床材の変更

トイレの入口のまたぎ込みになっている敷居を撤去し、更に床を嵩上げして段差を解消する事で、つまずく心配もなくなり安心してトイレに行く事ができます。

Before

イメージ
イメージ
イメージ

After

イメージ
イメージ

建具の変更

開き戸から、上吊り引き戸へ変更する事により、出入りがスムーズにできます。

Before

イメージ
イメージ

After

イメージ
イメージ

引戸の引きシロスペースが無いため、折れ戸に変更。

Before

イメージ

After

イメージ
イメージ

限られたスペースの中で、アコーディオンドアに変更。

Before
イメージ
After
イメージ

その他、2枚引き込み戸で、車椅子での斜めからのアプローチも可能に。

Before
イメージ
After
イメージ

洋式便器等への変更・段差解消

昔ながらの和式便器から洋式便器への変更工事。

壁も全面直す事なく、既設タイル面はパネルを貼り床材はCFシートで仕上げる事で掃除もしやすく、なにより、段差がなくなり手摺も取付る事で安心してトイレに行けるようになりました。

Before

イメージ
イメージ

After

イメージ
イメージ

小便器撤去・開口拡張・段差解消

間仕切りの壁、小便器をなくす事でトイレを広く使え、介助もしやすく安心してトイレに行けます。

Before

イメージ
イメージ

After

イメージ
イメージ

トイレ新設

寝室の隣の縁側にトイレを新設。押し入れに新設したり、パターンは色々です。

Before
イメージ

施工中

イメージ
イメージ

After

イメージ
イメージ
イメージ

大規模な改修や下水配管工事を行わない場合は、福祉用具の購入で、和風アタッチメントの設置(上)や、サニタリーエースの設置(下)で対応することもあります。

Before

イメージ
イメージ

After

イメージ
イメージ

立ち座りを楽にする為に、現在の洋式便器に、補高便座を取り付け。

※便器によっては取り付けが出来ないものもあります。

※補高便座はウォシュレット機能付のものでも対象になります。

※補高便座は3cm・5cmがあります。

Before
イメージ
After
イメージ

バリアフリーリフォーム 浴室

手摺の取り付け

滑りやすい浴室の出入りには、どちら側からもつかまり易いオフセット型がお勧め。

イメージ

シャワーハンガー付き。

イメージ

自立型の手摺も取り付けることができます。

イメージ

立った状態で入るのか、浴槽の縁に腰掛けて入るのかなどにより、使い勝手のよい手摺の形状と取付位置は異なります。日々の動作を確認してみましょう。

イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ

ユニットバスに取り付けるための専用取付金物が付いた手摺。
※壁面の強度や、裏面の状態によっては取り付けられない場合もあります。

イメージ
イメージ
イメージ

福祉用具の購入

浴室内での動作によっては、固定する住宅改修の手摺などよりも、バスグリップやバスボード・シャワーチェアーなどの福祉用具を上手に取り入れた方がより安全な場合もあります。

イメージ
イメージ
イメージ

浴室洗い場のタイル床は滑り易いうえに、出入り口の段差もかなりある場合が多い。

福祉用具の購入で浴室洗い場にすのこを置く。水に強いイレクターフレームにポリスチレンのボード材。サイズはオーダー作成が可能です。

Before

イメージ
イメージ

After

イメージ
イメージ

浴槽内に沈めるすのこもあります。

イメージ

浴槽台を利用すればお手入れも楽。

イメージ
イメージ

建具の変更

片開きドアから折れ戸に変更。

Before

イメージ
イメージ

After

イメージ
イメージ

床材の変更

滑りやすいタイルの洗い場をシート仕上げで路面改修。嵩上げもして段差も解消。

Before

イメージ
イメージ
施工中
イメージ

After

イメージ
イメージ

浴槽の変更

現状の浴槽のまたぎが高く、入りづらい為、浴槽を入替え、手摺も取り付けて、浴槽への出入りをしやすくしました。

Before
イメージ
After
イメージ

バリアフリーリフォーム 居室

手摺の取り付け・福祉用具のレンタル

家具を移動して動線を確保

Before
イメージ
After
イメージ

広い空間の居室には手摺が取り付けにくい場合も・・・。レンタルのベストポジションバーを利用する方法も。

※天井の下地によっては設置できない場合もあります。

イメージ

軽く支えながら立ち上がるにはレンタルのたっちあっぷも使い易い。

イメージ

段差の解消

小さな段差 スロープで解消

Before

イメージ
イメージ

After

イメージ
イメージ

中くらいの段差 やや大きめのスロープで解消

Before
イメージ
After
イメージ

大きい段差 できるだけ勾配の緩やかなスロープで(住宅改修+レンタルの置き型手すりとの組み合わせ)

Before

イメージ

After

イメージ
イメージ

段差の解消・床材の変更

居間の改修畳の間からフロアー貼りへ。ベットや車椅子の利用がしやすくなります。同時に玄関や廊下等との段差も解消しました。

Before

イメージ
イメージ
イメージ
イメージ

施工中

イメージ
イメージ

After

イメージ
イメージ
イメージ
イメージ

建具の変更

既設:開き戸からアコーディオンカーテンへ 限られた空間を最大限活用。

Before

イメージ
イメージ

After

イメージ
イメージ

既設:開き戸から引き戸へ 上吊りタイプなのでレールは不要です。

Before

イメージ
イメージ

After

イメージ
イメージ

既設:開き戸から上吊り引き戸へ

Before

イメージ
イメージ

After

イメージ
イメージ

建具の変更

吊元変更 動線を考慮し、吊元変更プラス手すりを取り付け、行ききしやすく。

Before

イメージ
イメージ

After

イメージ
イメージ