家づくり日記

雨漏れは大敵 その1

雨漏れは建物にとって とてもやっかいなことです。
放っておくと大変なことに


現場はS様が隠居として使われている
大正期に建てられた趣のある建物。

P1060655                  

P1060983



S様よりご連絡をいただいて、現場を確認したところ

P1060904




                                      

                                    

軒天越しに空が見える状態。

これは大変と 早速屋根へ上がってみると、

P1060511P1060574

ご覧の通りの この状態

下には、不安そうに見上げるS様の姿が



で庇の銅板がめくれ、落下してきたそうです。
現場の状況を見る限り、かなり前から雨漏れ
進行していたのでしょう。


野地板や広小舞は腐食が進み、一部では
ほとんど形が無いところも


このあと S様に写真を確認していただき
状況を説明し、対応策を提案させていただきました。



皆さんも雨漏れを発見したときは、被害が拡大しないよう
できる限り早急に対応することをお勧めします。


 
次は、工事レポートをお届けします。    西邑でした。