家づくり日記

フルリノベーション

足場のベールに包まれ工事が進んでいます
住居から倉庫へとフルリノベーション。

途中経過です☆
CIMG0470




















まずは解体工さんによる既存の内装、外装を解体。
CIMG0510



















丸裸になった内装の様子↓
CIMG0683



















解体が完了。続いて土工さんによる基礎工事です。
在来の伝統工法の躯体では耐震強度の心配があるので、
出来る限りの補強をほどこします。
CIMG0583



















土間をくり抜いた箇所へ基礎を構築していきます。
CIMG0590



















基礎完成↓
CIMG0829



















そして、大工さんに耐力壁を組んでもらいます。
CIMG0864



















柱脚の固定もおこないます。通し柱とも固定。
CIMG0869




















CIMG0882




















CIMG1047



















2階は物置に、
物が傾いては意味がないので、
水平に床面を調整して床材を貼りこんでいきます。
CIMG0822




















CIMG0951



















外装は瓦屋さん
50年以上経つ既存の瓦をめくって、
これからも更に50年以上つないでいくため瓦を葺き直します。
CIMG0810




















CIMG0941



































入組んだ部分は既存の野地板も一度めくり、しっかり瓦を葺きこみます。
ここまでしておくと雨仕舞いも心配ありません。
面戸も漆喰塗りと違うんですよっ!
歳月を重ねると、漆喰面戸は土と共に流れ落ちてしまうので
実はこの面戸は瓦で出来ているんです↓
これを使うと今まで以上に長持ちします。
CIMG0839



















この部位の仕上がってきた状況↓以前までの隙間はまったくありません。
CIMG1283



















タルキ、野地の木部にはベニガラの古色塗りをほどこし、
瓦は越前瓦から三州のいぶしに葺き変わりました。
ここからは、外壁の工事が進みます。
ラス下地(桧のよく乾燥した材料を使用しています。)
これにモルタル+漆喰を塗りこみます↓
CIMG1285



































まずモルタルを塗りこみます。↓
CIMG1449



































そして仕上げの漆喰ぬり。
この漆喰は3回塗りです。
砂漆喰→漆喰→プライマー→漆喰。
ひび割れを考慮し手間隙かけます。
CIMG1541



































と、今回はここまで。