家づくり日記

黒い家

日本の家って、どんな外観色が多いのかな・・・

昔の建物は中も外も自然素材で

仕上げられている。

とすると、

屋根は瓦や葦または萱・・・銀・茶

壁は漆喰や木の板や焼板・・・白・木肌色(ナチュラルカラー)・黒

と考えると日本人に一番なじみがあるのは

黒や白に木肌色ってとこですか。

それで、その色を見ると安心感が得られるんでしょうか?

少しでも昔の街並みにも合うように。

現在施工中の 「八坂町の家」 の外観が少しお目見え

お施主さんが選ばれたのは

黒のガルバリウム鋼板+ナチュラルカラーの杉板

ガルバリウム鋼板で スキッ とかっこよくも落ち着きも感じます。

くどいですがこれはやっぱり日本人の馴染みのある色だから?・・・

八坂町の家




















国友トータルサービスの施工実績には

たくさんの黒い外壁や白く淡い外壁あります。

もちろんお施主さんの好みでもありますが、

国友トータルサービスも外観は【自然の色】で

と現在までご提案してきたつもりです。

八坂町の家の外観が黒ということで

今回は黒の外観の建物を

過去の施工実績を振り返って見てみましょう↓


まずはこちら

お施主さんが熱望されて仕上げられた艶のある焼き杉板

「南高田町の家」
南高田町の家












古民家をイメージされ

リノベーションで赤ベニガラを古色塗りとした

「今荘の家」
今荘の家













黒の外壁とウッドロングエコ仕上げの杉板

「高月の家」
高月の家

























アウトドア大好き家族の焼き杉板

「朝日の家」
朝日の家





















スクエアな外観も黒でどこか和の雰囲気も醸しだす

「加田町の家」
加田町の家






















つなぐ家のフラッグシップ

「大浜の家」 もちろん焼き杉板です。
大浜の家

























リノベーションでイメージ一新

漆喰+黒塗り壁+焼き杉板

「唐川の家I」
唐川の家I
























建てるなら絶対焼き杉板+ナチュラルカラー

「小堀町の家」
小堀町の家


























現代の性能を持つ田舎の家

「飯浦の家」
飯浦の家





















雨楽な家の大垂木とももちろん合性いいです

「馬上の家」
馬上の家





















先日、高断熱リノベ見学会を開催

焼き杉板+漆喰+ウッドロングの杉板

「唐川の家K」
唐川の家K












日本人がもつ和のこころ

だから新築の家も昔なじみの外観色は

季節の色と合性がいいのかな。
雪のある季節