家づくり日記

ぞくぞく

 

朝夕と涼しく過ごせるようになってきた今日この頃ですね~

 

事務所のカウンターから外を眺めてみても道行く人が

 

なんだか涼し気に感じます☆

 

 

お盆明けに開催させていただいた「内保町の家M」

 

建物完成見学会にもたくさんの方々にご来場いただけ

 

             ありがとうございました☆

 

 

「火のある暮らし」

 

柱や床材は桧で仕上げ、天井は杉材

 

そして、壁は漆喰と自然素材で仕上げた和の空間

 

ご夫婦それぞれのご要望が光っています☆

 

 

ご主人さんのご自慢の薪ストーブは

 

ヨツールF400

 

玄関からつながる通り土間に薪ストーブを配置し、

 

薪の運搬も楽ちん。そして煤もフローリングの上へ

 

あがることなく日々の煤掃除のストレスも緩和しています。

 

また、土間コンクリートへの蓄熱効果もあるため、

 

炎が消えても室内の保温効果にも貢献。

 

 

そして、薪ストーブのすぐそばへ

 

ソファーの配置をご提案し揺らめく炎がすぐそばで堪能出来ちゃう。

 

ってわけなんです☆

 

 

そして、奥さんご自慢のオークビレッジのダイニングセット

 

チェアーも4脚違うものを購入されました☆

 

代々受け継いでいかれることを願って造られている

 

オークビレッジの家具

 

無垢材で仕上げた空間と共にアンティークになっていく。

 

ゆったりサイズのテーブルはキッチンともつながりを持たせた

 

配置で間取りを造っています。(これも奥さんのこだわりっ)

 

 

チェアーに腰を掛けると南側へ気持ちよく抜ける眺め。

 

薪棚を目隠し代わりの塀としているので、

 

窓を開けっぱなしにして家の中でのんびりしていても

 

外からの視線も感じることなくのんびり暮らせます☆

 

 

LDKへと心地よくあかりを届ける吹抜けは

 

2階ホールに設置してあるエアコンの冷房効果を

 

1階へと届けてくれます。

 

1階でくつろいでいても冷房の風が直接身体へ当たらず

 

心地よく過ごせるってわけです☆

 

 

他にもこだわりたくさん!

 

つづきは近々、施工事例にUPします☆

 

 

まだまだ、こだわりいっぱいの家づくり!!は続きます

 

黙々と模型造りに励む堀内くん。

 

このあとの着工予定をちょっとご紹介☆

 

 

2月にはなれを解体した「月ヶ瀬町の家」

 

いよいよ、10月着工予定です☆

 

 

↑このアングルに模型を置いてみるとこんな具合↓↓

 

 

こちらも煙突がニョキっと伸びてます☆☆

 

大屋根は寄棟にし、高さを抑えることで、

 

北側すぐ隣に建つおもやへ日射が届くように配慮

 

おもやの縁側へはより日射が届くよう平屋としています。

(写真右側が北)

 

 

既存の庭とのつながりも、もちろんあります☆

 

庭もリノベーションしこれからの暮らしに合わせたものへと

 

カタチを変えていきます。

 

 

そして、11月着工予定の

 

「鳥羽上町の家」

 

山に囲まれた町内はのどかでいい景色☆

 

大き目の敷地での暮らしには

 

BBQしたり、子供たちが走り回ったり、

 

のんびりくつろいだり、建主さんの

 

夢がどんどん膨らみます☆

 

 

白模型(プロトタイプ)ではこんな感じ。

 

 

西側に面する道路添いに建物+カーポートを配置し

 

奥行ある敷地の東側をゆったり使う配置、

 

建物が目隠し代わりになって敷地の奥のほうで

 

のーんびり出来ちゃいます☆

 

 

 

 

皆さんのこだわり詰まった家づくり

 

続々(ゾクゾク)着工です☆