家づくり日記

無垢材は蘇る

 

この板材は  栃(トチ)

大きさは、幅1800㎜ 奥行780㎜ 厚み21㎜

 

床の間の床板として、半世紀以上使われてきたものです。

 

長年使われた板材は深いところで2.0㎜程度の傷がありますが、

 

無垢材は磨けば蘇る!

 

20㎜程の板厚があり2.0㎜程度磨いても十分にほしい分は残せます☆

 

 

まずは粗目(♯180)のサンドペーパーで研磨

 

   ↓↓8から左側に少し白木の木目が現れました☆

 

栃の木はもっと磨けば瑞瑞しく輝く木目が現れます。

 

 

研磨用に用意するサンドペーパーは

 

♯180・240・320・400・800・1000・1500・2000

 

通常、ケヤキの柱や梁材の仕上げに用いられるのが

 

♯1000なんですが、

 

今回、黒檀(コクタン)も磨くため

 

それをはるかに超える

 

ギターなどの仕上げにも使われる♯2000も用意し

 

              磨き込みます!!

 

 

↓↓♯1000掛けの様子、木目が周りの部分より輝きだします

 

↓↓そして♯2000掛け完了後。 

        ほんとに、ギターのボディの様

 

元の傷まみれのものと同じものには見えない程

 

これが、蘇れる無垢の木材のいいところではないでしょうか。

 

大工さんが、腕を振るいおさまるべく場所へ戻り

 

また日の目をみることになった

 

床框(トコカマチ)と 床板(トコイタ)

 

 

       ↓キラキラ輝いてます↓

 

黒檀と栃

 

まったく異なる色合いでも、なぜか無垢の木材は品良く馴染みます。