家づくり日記

どっさり

どっさりイメージ

昨年は雪のない年でしたが今年はどっさり雪が降りそう?「唐川の家」は煙突姿に雪化粧がやっぱり似合います☆2017年も引き続き家づくりに励んでまいります!2月4(土)5(日)建物完成見学会を開催する「新栄町の家」も雪化粧。残すは外構のみリノベーションも進行中唐川の家に引き続き高断熱化エアコン一台でも過ごせる空間へリノベーション減築しながらシンプルな和の外観へと変貌中瓦屋根を板金屋根へと軽くし、耐震性の向上も図ります。ビフォーはこんな具合でした↓↓だいぶ印象が変わってきています☆12月に気密断熱見学会をおこ[...]

フェミニンな住まいに

フェミニンな住まいにイメージ

昨年8月にお引渡しさせていただいた“Case延勝寺”へのお宅訪問。一年が経ち、至る所に可愛い生活感が垣間見られます。リビングや玄関は丁寧に使っていただいています大好きなバレーボール観戦にはまっている子の部屋ベットの横にこっそり置かれている〝宝物〝お母さんの部屋には、子どもが夏休みに書いた絵をプリントしたミニTが♡♡ほっこり、可愛い住まいです。施工してお引渡しした住まいが成長していく様を拝見させていただくのは幸せなこと。愛情いっぱいに育てていただいています。今年も残すところあと5日。当社も明日が仕事納め[...]

表面温度と不快指数

表面温度と不快指数イメージ

快適な室内空間を保つにはあまり聞きなれないですが、(でも実は中学校で習ってる??)表面温度と不快指数っていうのを知っておくと暮らしがより良くなります。まず、住宅建築でいう表面温度というのは天井や壁・床の室内側表面の温度のことです。図で表すとこんな具合↓図で見ると一目瞭然左:断熱性の低い住宅右:高断熱の住宅(図は冬季のものを表す)となります。断熱性の低い住宅では、部屋を暖めようとするとそれだけ暖房機の熱量が必要となり光熱費がかかることになります・・・左の図で体感温度を快適ゾーンまで上げようとすると更に温[...]

サーモ画像撮ってみた

サーモ画像撮ってみたイメージ

「唐川の家」(笠原自宅)いよいよ冬。サーモグラフィーでの表面温度比較の時(季節)がやってきました!高断熱化でいかに室内空間に温度ムラが無くなったか目で確認します。まず、リノベーション前の画像↓↓2年前FLIRONEを購入した頃、いろんなお宅にお邪魔してサーモ画像撮ってまわってました。こちらがFLIRONE↓↓(アイホン5に付けれるタイプ)その時撮った自宅のリノベーション前の画像(冬季)の表面温度です。母親の足元付近11.9℃壁面17.6℃天井面20.9℃床から天井までちょうど9.0℃の温度差(人は足元[...]

気密測定

気密測定イメージ

事務所+ショールーム棟の気密測定をおこないました。C値=0.4㎠/㎡いい結果☆事務所+ショールーム棟は延べ床面積60.5坪とかなり大きな建物ですがシンプルな形状なのでいい数値が出ました。今回の測定数値、どれくらいの隙間があるのかと言うと建物全体にある小さな隙間を一カ所に集約しても、おおよそハガキの半分くらいしかありません。いつもは工事担当者と大工さん立ち合いでおこなうC値測定今回はプラス窓の施工者も立ち合いでした。話で聞くよりなんとやらで・・・興味津々これからの更なる窓の性能向上や施工精度の向上に意欲[...]

ヘーベシーベ

ヘーベシーベイメージ

「内保町の家A」でご紹介した木製大開口窓ヘーベシーベヘーベシーベこの言葉はドイツ語なんです。へーべ(上げる)シーベ(引く)そして、建具の名前というより金物の名前でこちらがそのヘーベシーベ金物(ドイツ製)日本では金物だけドイツから輸入して国内で組み立てされています。住宅性能先進国ドイツではポピュラーなものの様ですが日本だとおもに別荘地とかに採用されてるようです・・・こんな感じで両引き分けタイプもあります。↓↓大開放で気持ちいいけど、時々愉しむだけにはもったいない可動方法はこんな具合↓↓ハンドルを180°[...]

ZEH住宅進行中

ZEH住宅進行中イメージ

9月に上棟してほぼ同時進行中の「新栄町の家」と「柏原の家」いよいよ完了検査が近づいてきました☆まずちょっと建て方が早かった「新栄町の家」先週外部足場がはずされやわらかい雰囲気の外観がお目見えしました。現場は内装の仕上げ中完了検査ののち外構工事へと進みます。先日の工事担当大友君のBLOGでは内装の完成の状況を2月4日(土)5日(日)の完成見学会までのお楽しみ🎵とのことでしたが、やっぱりちょっとだけご紹介↓↓造作家具の設置が始まってます☆現場は家具屋さんの道具でいっぱいこの向こうには2階リビングとつながる[...]

温度差のない見学会

温度差のない見学会イメージ

今年の断熱見学会は初めて折り込み広告での告知開催でありました。窓メーカーのコマーシャルなどで断熱への意識が皆さん高まっている様子でたくさんのご来場☆会場は工事中ですが、高気密高断熱の施工状況とその能力を温度差のない空間で体感いただけました☆会場は石油ファンヒーター(8畳用)×1台で暖房34坪、68帖の室内空間が足元から2階の天井まで温度差なく快適な環境。ほっぺたが、赤くなってきます[家づくりはまず、見えない部分の施工と性能が大切]今回から、気密断熱勉強会も開催。最初のお客さんはお施主さん☆↓↓家づくり[...]

雪が降りはじめました

雪が降りはじめましたイメージ

いよいよ、この冬も雪が降りはじめました寒い外、あたたかい我が家リノベーションして良かったとつくづく実感しています☆程よい灯りと薪ストーブの炎で癒されちゃってます。明日から2日間、「内保町の家A」の高気密高断熱構造見学会見学会用に中庭に面する足場のシートをめくって外観が少しお目見えしました☆焼き板の施工もほぼほぼ完成です。すごくカッコいい(´艸`*)暖かさを体感していただくにはちょうど良い季節皆さんのご来場お待ちしております!

高気密高断熱構造見学会

高気密高断熱構造見学会イメージ

断熱施工前に大工さんと工事管理担当とで補強下地の最終チェック「内保町の家A」なんといっても一番の魅力は南に面する大開口窓。木製の2本引き込み窓を引き込むと幅約2.8mの大開口が広がります☆「早くウッドデッキも完成して外とつながりたい」陽差しもばっちり家の真ん中まで入って、なんだか太陽の恩恵貰らってていい感じです。屋内で断熱施工をおこなっているあいだに大工さんたちは外装焼き板の下地を進めていきます。高気密高断熱の現場は施工が違う!実は今回、工事施工中の見学会を開催することになりました☆2月に開催される「[...]