さくさく日記

夢の田舎暮らし

K様ご夫妻が 念願の田舎暮らしをスタートされました。

K様との出会いは 昨年の秋に実施された
いざない湖北定住センター主催の第2回空き家見学ツアー。

P1090078

私はスタッフとしてこのツアーのお手伝いをさせて頂いておりました。

この日は、2軒の空き家をご案内させていただきました。

そのうちの1軒
P1000450

築年数も浅く、非常にきれいで 水廻りも水洗化されていて、
すぐにでも住める状態の物件でした。

P1090079

ツアーに参加されていたご主人様が、この家に一目惚れ。
家の前には、家庭菜園ができるスペースもあり K様の理想に
ピッタリとはまった様子。

P1000455


当日は、空き家の所有者の方もお越しいただいておりましたので
K様は熱心に いろいろとお尋ねになっていました。

私もお話をさせていただいたところ、ご主人様は大阪でフランス料理の
シェフをされていて、田舎暮らしをしながら自宅でフランス料理店を
やりたいという夢があり、このツアーに参加されたそうです。

いざない湖北定住センターのサポートもあり、無事に賃貸借契約を
済まされ いよいよ、移住に向けた引越し準備が始まりました。

これまで、何度か現地へ足を運び 田舎暮らしに夢を抱いておられる
K様ご夫妻。
引越しの日を2月8日と決め、準備に追われる毎日。
弊社も、新生活に向けた最小限の改修をお手伝いさせていただく
ことになりました。

現地での打合せの日。
湖北の2月はさすがにあまくはありません。

この地域で暮らす私たちには普通の光景のように思えるのですが、
空き家見学ツアーの頃とは うって変わって一面の銀世界。

P1100810

P1100819

玄関へたどり着くために、人が通れるだけの通路分の雪を除け、
雪を踏み固めます。

さすがにK様もびっくり!

でも、こんなことでめげていては田舎ぐらしは出来ません。
「春先まで、引越しを延期されては?」との問いに
「雪に慣れることも大事!予定通り引っ越します」と力強いお言葉。

私たちも、雪を掻き分けなんとか予定日までに改修工事を
終わらせることができました。

引越し当日も、湖北地域は雪。
仕事の都合で、お手伝いは出来ませんでしたが、翌日お話を
伺ったところ 荷物の搬入になんと6時間以上かかったとのこと。
さすがに、湖北への2月の引越しは、引越し業者の方も
しんどかったようです。

何はともあれ、無事に移住をされ夢の田舎暮らしをスタートされた
K様ご夫妻。
地元の方々との交流を深め、地域に溶け込み 永住していただけ
ることを願っております。 

そして念願の自宅レストランのオープンに向けて、さならる準備に
追われることと思いますが、健康に留意され 楽しい田舎暮らしを
満喫してください。

これからも、微力ながらお手伝いさせていただきます。
自宅レストレンのオープンを楽しみにしています。


                                    
                                田舎暮らし応援人