さくさく日記

健康管理

ブログに久々登場の西邑です。

朝夕、随分涼しくなってきましたが 皆さん如何お過ごしでしょうか?

今年の夏は、連日の猛暑続きで そろそろ夏バテの影響が出始めてる方もいらっしゃるのではないでしょうか!

40代後半の私は、少し夏の疲れが出てきております。

 

そんな中、先日 長浜市と京都大学医学研究科が一緒に取り組まれている『ながはま0次予防コホート事業』(費用無料)に参加してきました。

dsc_0087

前回、妻が参加をさせていただき、事業のことは知っていたのですが これまで申し込みをすることはありませんでした。

毎年、会社での健康診断は受診しているのですが、0次健診では普段の健康診断では診ていただけない検査をしていただけるということで、妻の勧めもあり 初参加させて頂きました。

 

事前に質問票に回答(1時間くらいかかりました)し、検査時間の10時間前からの絶食を経て当日の健診会場(私は保険センター高月分室を選択)に向かいました。

会場では、通常の特定健診のほかに 呼吸器機能、血管年齢、骨密度、眼底等の検査をしていただきました。

初めて受ける検査に、少し緊張しながらも約2時間半くらいの健診を無事に終え、検査結果がすぐに解かるものもあり、ほぼ年齢相応の結果に少し安心し会場を後にしました。

 

しかし、健診はこれだけでは終わりません。

家庭血圧測定、睡眠時無呼吸検査を行うために機器を借り受け、自宅での1週間の検査が始まります。

血圧は、寝る前・起床後・さらに就寝中に機器を装着したままでの測定となり、少なからず睡眠を妨げています。

 

また、今回最も興味があったのが 睡眠時無呼吸検査です。

普段から、睡眠時間はある程度取れているのですが、日頃から運転中や執務中に睡魔が襲うことが度々あるため、もしかして『無呼吸症候群』?などと勝手に考えたり・・・。

もう少しで、これらの検査も終了するので、後は検査結果を待つばかり!

ちなみに、0次健診は定期的(約5年毎)の検査も受診する必要があります。

 

機会があれば、是非皆さんも参加されてみてはいかがでしょうか?

自分の健康状態を知ることで、今後の生活習慣の見直しや健康づくりに取り組みやすくなりそうです。