朝日町の家S
長浜街中の新しい暮らし方

コンセプト

長浜の旧街中へ移住され新たな暮らしが始まります。昔ながらの街並みに溶け込むような佇まいとこれからの街中での住まい方をどうカタチにするか?旧街中特有の隣接した住宅街でも陽射しがどの部屋にも行き渡るよう太陽に素直な設計としました。
敷地に対しナナメに建物を配置したことで得ることが出来た太陽の恩恵とプライベートな庭。自然とつながる暮らしが始まります。〈建築面積42.5坪〉

外 観

通りに面するファサードには出格子と杉板を目板張りとしています。リシン吹付のマットで柔らかな印象の外壁面と杉板のナチュラルな仕上がりがしっくりと馴染みます。大屋根には日本の屋根「いぶし」が輝きます。

内 観

内観は外のイメージを崩さず和テイストに、自然素材で仕上げ木材には古色を施しています。
住むほどに味わい深くアンティークになるこころ落ち着く空間に仕上がりました。