月ヶ瀬町の家
ナチュラルな木箱で始まる薪ストーブライフ

 

コンセプト

おもやとの繫がり、薪ストーブライフ、既存の庭も愉しみたい
親の世帯と同じ土地で暮らします。

外 観

杉板の目板張りで仕上げた全面木装の外観に薪ストーブの煙突が良く似合います。
玄関は北側にあるおもやの玄関近くに配置、南面にLDKと吹抜けを設け
暖かく過ごせます。 そして、物干しスペースも人目に隠れた場所に配置。

内 観

上品に無垢材を使用したLDKは薪ストーブの土間と和室の全開放障子でひとつの広々空間となります。
リビングのある平屋部分は勾配天井+既存の庭に繋がる大きな窓辺で開放感も良く
家族を常に感じられます。
西の庭に面する大きな窓はトリプルガラスを採用しています。