高田町の家Y
ブラックアウト化したつなぐ家

 

コンセプト

モダンなシャープさもありながら和のもつ自然素材の良さを感じたい。
座卓で食事をとるという生活スタイルから新しい空間構成を提示したいという想いから設計を行いました。

《施工面積:41.0坪 工期:6.5ヵ月》

外 観

全体として色合いが黒く威圧感もあるが、前面を焼杉板張りにすることで和の印象とし柔らかさも持たせつつ、ウッドデッキバルコニーにスリムなスチール製の手摺をつけることでモダンな建築にしています。

内 観

古色塗りをした梁や窓枠、そして床にはチークやウォールナットを使いシックな仕上がりとしています。
LDKの壁は珪藻土塗りとして自然素材を用いながらもコントラストにメリハリをつけています。
また、新たな試みとして、小屋裏エアコンや外部ブラインドを採用しています。
設備のこだわりとして、造作キッチンやペレットストーブを搭載しています。