唐川の家K
温故知新

コンセプト

世代交代に伴いはなれ2棟をリノベーション。
田舎の伝統木造在来工法いわゆる【田の字】の住宅を倉庫へ用途変更。倉庫だった建物は高断熱化した住居へリノベーションし、屋敷内の建物の使い道をチェンジしました。イメージは町家。
〈建築面積93坪〉〈工期約7ヶ月〉

外 観

1棟は黒を基調に、そしてもう1棟は白。和のイメージを残してノスタルジックな印象を造りだしています。施工事例の写真を見て、「お店?」と感じさせるいい雰囲気に仕上がりました。

内 観

バリアフリー化された室内は老後の移動を便利に快適に。中庭を眺めながらの食事はこれからのスローな暮らしに合うスタイルなのかもしれません。

リノベーション前